人気ブログランキング |

カテゴリ:外資系企業就職ワンポイント( 1 )

若い人の間で外資系企業で働きたいと思っているは少なくない。
かつて、私が勤めていた米国系企業の人事部長のデスクの上には
履歴書がいつも山のように積まれていた。
それら履歴書の資格欄や特技欄に目をやると、どの履歴書にも英検1級取得とかTOEIC900点といった英語に関する取得資格や成績がズラリと記載されていた。
どれも特技欄には英語と書かれていた。英語能力の高さが、彼らの売りなのだ。
ところが、米国系企業で働く場合、必ずしも、英語能力の高さは、売りにはならない。
つまり、外国人をボスに持ち、外国人スタッフと一緒に英語で仕事をする職場環境では英語は単なるコミュニケーションのツールでしかない。
米国系企業で働く場合「英語は出来て当たり前」なのだ。特技とは言えない。
大切なことは、「英語を使って、あなたは何ができるのか?」
ダイレクトな表現を用いると、「あなたが持っている専門知識と経験を活かすことによって、あなたは、我が社の利益にどれだけ貢献することができると思うか」といった問いに、スバリ、あなたは答えることができるかである。
外資系企業で、英語は特技となるか?_f0031508_11521160.jpg

by seijibajo | 2008-08-12 11:52 | 外資系企業就職ワンポイント

グローバルなビジネス・パーソンを目指すあなたのための情報ブログ!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31